色々あるメール誤送信の事例の紹介

情報漏洩問題が後を絶ちません。過去にも大企業による情報漏洩トラブルが何社も起きています。内部の人が故意に持ち出す、第三者による標的型攻撃等が大きく取りざたされましたが、すべての原因の中では少数派なのです。では、情報漏洩問題の最も多かった原因・事例は何かというと、「誤操作」なのです。また「誤操作」の中でさらに詳しく原因を調べてみると、「メール誤送信」が最も多かったのです。メールはクリック1つで簡単に社内・社外と情報をやり取りできる便利なツールです。簡単にできる便利なツールの反面、ささいな操作ミスで重要な情報を誤った宛先に送信できてしまうリスクを常に抱えています。内容によっては企業を存続危機に陥れるかもしれません。「うっかり」「ついつい」やってしまったでは許されないこともあるのが、「メールの誤送信」なのです。

メール誤送信の怖さと、考えられる被害

メールを送信する際、宛先のメールアドレスを1文字1文字入力することはほとんどないでしょう。実際には、宛先を指定する際には、事前に登録したアドレス帳から宛先を選択したり、メールソフトのオートコンプリート機能を利用して半自動的に宛先を入力することがほとんどでしょう。上記の機能は便利なツールですが、ささいな不注意で間違ったアドレスを入力してしまう危険性と常に隣り合わせなのです。ささいな不注意で一度でもメール誤送信による情報漏洩トラブルを起こしてしまうと、企業が大きな被害を受けることになってしまいます。お客様からの信用失墜、売り上げ低下・取引停止、またブランドイメージの低下等、被害は計り知れません。また信用回復には膨大な時間と費用がかかってしまいます。そして、直接の原因を作った従業員も減俸・懲戒、最悪の場合は解雇になってしまうケースも考えられるのです。

メール誤送信対策と、有効な事例

メール誤送信防止対策として、宛先のアドレスの入力ミスを防止する方法として、アドレス帳に登録する際には名前は必ず漢字表記にするが有効とされています。アルファベット表記だと、日本人はなかなか直感的に名前を識別できず、間違った宛先を選択してしまう危険性が高まります。また、添付ファイルには必ず「パスワード付きZIP圧縮」をすることも有効です。万が一、誤って添付ファイルをつけたままメールを送信してしまったとしても、パスワードがわからなければファイルを開くことはできません。パスワード付きにしておくと、添付ファイル経由の情報漏洩を防ぐことができます。そしてメールソフトの設定にひと工夫すれば、誤送信を防止できる事例もあります。お使いのメールソフトの設定で送信前にダブルチェックできるような機能がないかどうかを確認してみることも必要です。

標的型攻撃を自動で検知するほか、メール環境は変わらずお使い頂けます。 誤送信のリスクを自動的に判別することができます。 メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業向けにご紹介しています。 通信系から保険会社まで様々な会社の導入事例を掲載しています。 年間保守料金はライセンス価格の15%となっています。 リスクが低い場合はメール誤送信防止画面を出さずにすることも出来ます。 ラティスやフェンスをお探しなら「ガーデンライフ彩」